粉もん人生。みなみ千里。ある日楽器を持って立ち上がった。おばちゃんロックします。いや、おばちゃん!これはロックなのか?!すべては愛なのだ!しょっちゅう会えるわけじゃない大好きな友達へ。


by aloha_twins

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

おばちゃんロック Youtube

おばちゃんロック

動くおばちゃんロックだよ

検索

最新の記事

2016年12月近況 暮らし編
at 2016-12-05 14:06
秋ですなぁ
at 2016-10-13 22:32
説明の多い料理店 前座バック..
at 2016-09-30 13:17
説明の多い料理店 前座バック..
at 2016-09-30 13:13
説明の多い料理店 前座バック..
at 2016-09-30 13:12

以前の記事

2016年 12月
2016年 10月
2016年 09月
more...

タグ

(200)
(190)
(103)
(88)
(86)
(84)
(46)
(37)
(31)
(27)
(19)
(14)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)
(4)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)

カテゴリ

全体
おばちゃんは何をする人か
おばちゃんの楽器
おばちゃんの楽器・小物
おばちゃんの練習
おばちゃん語る
YouTube
LED ZEPPELIN
日々の暮らし
マヌーシュ
ちょっとひといき
さかさもの式結婚式
ライブ告知
未分類

お気に入りブログ

ALL GREEN
店長のガラクタ部屋
KICHIJITSU
週間山崎絵日和
楽子の小さなことが楽しい毎日
毎日、「ぼちぼち」と・・・。
おひとりさまの食卓plus
ただただだらだら
音便り~ベース弾きのブログ~
soupspoon

外部リンク

ライフログ

作詞のお仕事
ホネホネ・ブルース

2016年12月近況 暮らし編

どわっ。12月だ。12月も5日目だ。すっごいなぁ。はっやいなぁ。
ども!こんちは!おばちゃんです。
生きてますとも。

どうもね、一昨年ほど前からこの時期になるとあかんのですわ。
無気力。体調不良。
秋口のなんかのアレルギーでくしゃみ鼻水から始まって、
そいで気を抜くと咳喘息になりそうな、息を深く吸えないような、胸と背中の息苦しさ。
身なりを整えるのも億劫で、大好きな料理でさえ、もうええか・・・と思ってしまう。

でも自分でわかってるのでね、お昼間も湯たんぽ抱えて寝袋に足突っ込んで温かくして、
お白湯をたくさん飲んで、たまには寝たいだけ寝て、
お天気の良い日は日光に当たって、お散歩も行きますしね、
いつものようにカレーも餃子も作るしパンも焼いております。

なによりね、食欲はありますのでね、食べすぎないように楽しく食べるようにしてます。
a0123100_13495594.jpg
今年の秋冬はね、あれなんです、お酒を飲んでない。夏の終わりから2か月以上経ったか。
楽しく美味しく飲んでる分には良いんですけどね、
たまーにやらかす飲みすぎがもうしんどいんです。
だんだん飲める量も減ってきてるし、
飲むと具合悪くなる日が増えてしまって、もういっそやめとこかなーと。

ただやっぱりお酒と合わせて美味しく食べるものっていうのがたくさんあるので、
そいがちょと残念。あとはやっぱりこの人はとがっつり飲みたい!って
希望があるので、そこはたいそう残念です。お酒自体の味が好きというのもあるので、
すべての酒にアルコール入ってないといいのになぁとか。

でも酒に罪はなくてですね、ほどほどをキープできない自分があれなだけで。

でもまぁ、なんでも完璧じゃなくていいとしていこうと思うので、
「たまの飲みすぎが嫌なので一滴も飲まない」という偏りもいいかなと。今んとこ。

生活はそんな感じです。
次は音楽編です。

今年前半忙しさとストレスとで白目むいてた間に溜めてた家計簿今頃つけてますろっく。



















[PR]
# by aloha_twins | 2016-12-05 14:06 | 日々の暮らし

秋ですなぁ

かぁぜぇたちーぬぅ。いぃまぁわぁあきー。
聖子ちゃん歌いたくなりますな。
なんだかいきなり秋ですね。靴下、長袖、温かいお茶。必須。
a0123100_21075898.jpg
友達が送ってくれた栗で甘露煮とマロングラッセを作ってみました。
初めて作ったので、なるほどーっと発見がいっぱい。

マロングラッセでは渋皮をいかにつるっときれいに剥くかが課題。
崩れないようにするのと。でも崩れたのもちょろちょろつまめておいしいんだよね。

てなわけで、もう一回作ってみます。

ではレンガの小径を口ずさみながらお別れですろっく。







[PR]
# by aloha_twins | 2016-10-13 22:32 | ちょっとひといき

説明の多い料理店 前座バックステージ編④

今回、人にどう思われるかに焦点をあてなかった。
考えそうになったら、体が硬くなって心がふさぎ込んでしまうのがわかった。

リハで音を出すまで、徐々に緊張が高まってきたころ、ケースからギターを出して弾いてみた。
そしたら、本当にびっくりするほど、ほっとした。

たいして弾けもしないギターを弾くことが、緊張をほぐすだなんて。
思い返せば必死のパッチを発動しないほどに、
短い期間だけれどギターを触るのが毎日のことになっていたのだ。


楽屋でもずっとギターを弾いて歌っていた。召使い時に練習したフォークソングだ。
出演者の皆さんは気遣ってくださりそうしていることを許してくださった。
スタッフの方々にもとても親切に丁寧に音作りやステージ作りをしていただき、
もうあとはギターとこの身一つで本番に挑むだけだった。

そして本番、お客様が本当に温かくおつきあいくださったのが、
まったく想像していなかったことだったので、本当にありがとうございますと心から頭を下げた。
シーーーーーーーンというドン引きの静寂を覚悟していたから。

終わった後、くせになりなや、と長年の友人に釘を刺されましたが、それは全くありません。
お祭り騒ぎがしたいとも、ライブのあとの一杯がやりたいともまったく思わない自分に、
へーわたしってそうなんやーとあらためて思ったくらいです。


翌日もやっぱりギターを抱えてドレミの練習。
聴こえるように音楽が演奏できるようになったわけではないもの。

さぁ説明の多い料理店、長々とおつきあいくださいましてありがとうございました。
これを出すのもずいぶん迷いました。
人様の前で演奏をすること以上に語ることなどあってはいけないと思うところもあるからです。
それと、ほんと、やったらもう次のことで頭がいっぱいになっていたところもあります。

きっと、もっと演奏することが常になったら、いずれこういう記事は書かなくなるだろうと思います。
もっと演奏できるようになったら、ですね。そんな日が来るのか来ないのか。わからないけれど。

またいつか直接皆様とお目にかかる日が、きっと来るであろうことを楽しみにしております。

おばちゃんロックがおばあちゃんロックになる日もそう遠くないけどすすむよろっく。


[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-30 13:17 | おばちゃん語る

説明の多い料理店 前座バックステージ編③

そしてもうひとつの挑戦は、やると決めてやる、ということ。

世の中にはたくさんの、人を奮い立たせるような言葉や出来事があふれています。
そんな言葉を読み流すような、読んだことで溜飲を下げるような、
怠慢な毎日を送るのがいやだった。

それって失礼やんか。
例えば、岡本太郎の生きた姿に、残された一文に、ある日の自分が救われたと言うのなら、
今度は自分が自ら生きることで返したいとわたしは思う。

命を燃やして生きた人から受け取ったものがある、と思うから、
わたしはそれに自分の命で応えるのだ。
それはわたしに音楽を聴かせてくれたミュージシャンや恩人や、
わたしの存在を愛してくれた親友や友達から受け取ったものに対しても同じ。


だから、どんな自分であれ、今の自分で、一人でやる、と決めた。
怖けりゃ怖いだけ、やるのだと決めた。

誰かが良いって思ってくれる言ってくれるから、やれる、とか、いける、じゃなくて、
わたしが、やる、って決めて、やる。それがやれた。


リハの時、みんなの目が点になってその場が凍りついたように感じたあの時、
ちっとも気落ちしなかった。怖くなかった。
というか、やっぱり一瞬ぞわっと来た。

でもあれは何もできなくなる恐怖ではなくて、あの、ぞわっの後、
モリモリ湧き起ったのって、あれは喜びという感情ではないだろうか。
あの、ぞわっが、一瞬で、やれる、やるんだ、という確信となって体中にみなぎった。

あの感覚は強烈でした。

まぁはた迷惑なおばはんやなぁろっく。




[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-30 13:13 | おばちゃん語る

説明の多い料理店 前座バックステージ編②

自分がね、人様の演奏を聴く機会があると、いろいろ思うんです。
思ってモヤモヤするんやったら自分やってみろや、ってやっぱり自分に言うて、
自分でちゃんとやらなあかんと思うんです。

どれだけ上手に楽器を演奏できても、ええ声で上手に歌い上げてても、
ちっとも聴いていたくないライブもあれば、何に反応してかわからないのに、
惹きつけられて涙が出るような演奏もあるのはどうしてなんだろう。

音楽ってなんなんやろう。

自分が後者のような演奏ができると思っているのではなく、
わたしはわたしに聴こえる音楽を演奏してみたい。



それは誰かの顔色を窺いながら、できない自分や後ろめたい自分を
許してもらえるよねこれくらいってな中途半端なやり方ではあかんのです。

堂々と高らかに、余分な緊張に縛られることもなく、出すと決意して出せると信じて、
ただただ音楽を演奏してこそ人様の前で演奏する意味があるのです。

でも心意気があればそれでいいかというとそういうものではない。



わたし自身が聴きたくない人様の演奏につきあえるのは、多くて2曲。
3曲目に入ると本気で勘弁してほしい。
そっから先は立ち去るか、立ち去れなければもう修行。

今のわたしの演奏をわたしが聴く立場で何曲なら我慢できるかと考えてみると、
1曲か2曲が限度だった。

しかしこのたび前座とはいえ、さすがに1曲では訳が分からんままで、
ライブとしては成り立たないだろうと思ったので、2曲。
ツェッペリンというくくりの中で毛色は変えて構成しようと思った。

そんなこんなで、エレキギターと歌で、みなみ千里のおばちゃんロック
デビューライブは作られていくのです。

言いたい放題言うなぁろっく。






[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-30 13:12 | おばちゃん語る

説明の多い料理店 前座バックステージ編①

ZEP祭り!はい!おばちゃんも出ます!
と手を挙げたときから、一人でやることしか考えていませんでした。

みなみ千里のおばちゃんロック。
今回のライブは大きく分けると二つの挑戦がありました。

ひとつは今の自分で一人で音楽を演奏するということ。

わたしのことはどうでもいいんです。
格好悪かろうと、情けなかろうと、人様の目にわたしがどんな風に映ろうと、
わたしがどれだけ恥ずかしいと思うおうと、緊張しようと、意気込もうと、
そんなこたあどうでもいいんです。

音楽です。大事は音楽です。

音楽を演奏しようとしてるんです。
指も喉も頭も足も腰も腕もなんもかんも体中を音楽を出すために動かしてるんです。
脳みそもそのために使うんです。いらんこと考えてる隙間ないです。

当然、まだまだまだまだまだまだまだまだ。
心意気と口だけはご立派なおばちゃんに、今できるのはここまで。
そこに音楽がほんの少しでも聴こえたら、次はもう少し、その次はまたもう少し。
その繰り返し。

過去にブログで書いてきた、うたのみみ①~⑫、耳コピでしてること①~⑥、
音楽のあるところ①~⑥、などで、怠け怠け休み休み、
自分なりに取り組んできたことで今の自分に何ができるのか。

たとえそれが赤ちゃんの喃語でも、片言でも、音楽のかけらは出現するのか。
まだまだおなかのなかでぷかぷか浮いてるだけなのか。
それはなんぼ頭で考えたところで、出してみないとわからないのです。

さぁ長いバックステージ編はじまったよーろっく。






[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-30 12:35 | おばちゃん語る

説明の多い料理店 前座2曲目編

2曲目は D'yer M'aker (ジャマイカ)

この曲はずいぶん前、ギターを持ち始めた頃にZEPトリビュートアルバムの
シェリルクロウバージョンをなんとなく耳コピしていたのですが、
本家のものはどのパートもちゃんとコピーするほど聴き込んでいませんでした。

本番まで時間がなかったので、この曲は完コピではなく、Keyも自分に合わせて、
原曲を素材として少ないながらも今の自分にできることで音楽を成り立たせようと試みました。
a0123100_22165269.jpg
と同時に本家の耳コピは進めていて、
ギターのリフもできるだけ原曲にあるフレーズを出したかったので練習していたのですが、
アルペジオが無理なところはコードで、バッキングのリズムも歌いながらだとまだ再現できないところは簡単にしたり、立って弾くこともまだ慣れていないので、ポジションもぎりぎりまであれやこれや試行錯誤しました。

実はこれ、座って弾こうかなぁとも考えていたんです。
左手首も腱鞘炎気味になっていたし、座った方がもうちょっと弾けるかなぁと。
でも、スタジオ練習の音源や録画してもらったものをチェックしてみて、
座ったところでこれ以上弾けるとも思わんと判断しました。

無理して少しでもZEPぽくしようとするのではなく、今の自分で演奏するということでいこうかと。

スタジオでは井上君とおっちゃんに聴いてもらって、これでいってみたら?ってことだったので、
「んじゃこれで・・・・・じゃぁ・・・まぁ・・・・いーかー」って言ってみて、
「あ、この曲まさにジャマイカやんか!」と、
じゃーまーいーかー!まーいーかー!」と相成りました。

最後はダジャレかい デザートもいかがろっく





[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-20 19:36 | LED ZEPPELIN

説明の多い料理店 前座1曲目編

たとえば飲食店で、注文してお料理が出てきました。食べて、おいしかった、口に合わなかった、好き、嫌い、また来よう、もうええわ、それでいいやん、と思います。

食べた後、延々と店主や料理長の素材やら調理法やら思いのたけを聞かされるのってどうかな。
と思いつつ。

おばちゃんロックはそういう過程を書き綴ってきた大変面倒くさいおばちゃんの記録でもあるので、今回も書きますな。
a0123100_18312455.jpg
1曲目は Immigrant Song
わたしに聴こえる、わたしに入ってる Immigrant Song 、レッドツェッペリン、
を全開に出すことを課題にした曲。

音が出てるのは歌とギターでも、ボンゾのあのドラムもジョンジーのうねうねも、
自分の中で同時に鳴らす感覚をもって音を出すのだという意識で練習しました。
スタジオバージョンを聴きまくった。
練習を初めてから、この曲を聴けば聴くほど、ツェッペリンってめちゃめちゃかっこいいと唸った。

本番何週間か前に大阪ツェッペリンのスタジオで音を出す時間をもらって、
その時の練習を聴いていた大ZEPギタリストの井上君が、
後日電話である提案をしてくれて、そこはお任せすることにしました。

       ↓今回の足元エフェクター。おっちゃん自作のボード。
a0123100_22493568.jpg
それが、AとEのコードのところで、井上君がトレモロを踏んでくれるというもの。
確かに、せっかくのZEP祭りなので、そういうマニアックでトリッキーな仕掛けがあるのも楽しい!さすが井上君!

今のわたしのあの演奏では、ライブで聴いてくれる人に
音色うんぬんまで興味を持ってもらうことなどできなくて当然だと承知していたけれど、
見に来てくれていた師範代はちゃんと聴き分けてくれていました。
ギターの音はもっと歪ませてるつもりやったけど、そうではなかったですね。

自分でエフェクターを使ったのも今回初めてで、
あっちやこっちやケーブルをつないで音を出すのも、やり始めてみると、
なるほど道理に従うと音が出るのだなーと次第に苦手意識が薄れてきて、
どんどん興味が出てきました。

二皿目につづくろっく。
















[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-20 18:35 | LED ZEPPELIN

ありがとうございました

昨日は秋のZEP祭りでした。
みなみ千里のおばちゃんロック、前座で演奏させていただきました。

お越しくださった皆様、スタッフの皆様、出演者の皆様、
応援してくださった皆様、ありがとうございました。

人様の前での初めての演奏。

その日も、そこに至るまでも、いっぱい発見があって、いろんな気持ちが湧いてきて、
あれもこれもと書きたいことが、一日かかってもまとまらず、
しかし取り急ぎお礼だけはお伝えせねば。

本当に皆様、温かく見守ってくださいましてありがとうございました。
a0123100_22533339.jpg
リハで出戸駅周辺の気温を氷点下に凍りつかせた当人の写真を貼っておきます。

いや、本番もろっく。



















[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-18 23:00 | LED ZEPPELIN

2016年9月17日(土) ~秋のZEP祭~

a0123100_09570814.jpg
2016年9月17日(土) ~秋のZEP祭~

【出演】
大阪ツェッペリン
出戸ツェッペリン
みなみ千里のおばちゃんロック

開場 18:30
開演 19:00
前売り 2,500yen (別Drink) / 当日 3,000yen (別Drink)
At ORTO LOUNGE (http://www.ortolounge.net/)


今週は雨の予報が多いみたい。週末は晴れると良いなぁ。お祭りやもん。

スタジオ近所のスーパーで衣装用サングラス見つけてきましたで。
ピンクのチーター柄にキラキラついてるええのん見つけた!やったー!

みなみ千里のおばちゃんロックは前座でしょっぱな。
あっという間に引っ込みます。
どうぞお見逃しなく!!

ここんとこ毎日口ずさんでるのはサブちゃんのまつりですろっく。







[PR]
# by aloha_twins | 2016-09-12 20:48 | ライブ告知