粉もん人生。みなみ千里。ある日楽器を持って立ち上がった。おばちゃんロックします。しょっちゅう会えるわけじゃない大好きな友達へ。


by aloha_twins

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おばちゃんロック Youtube

おばちゃんロック

動くおばちゃんロックだよ

検索

最新の記事

スタジオ練習 もう一つの課題 2
at 2018-09-12 22:37
アコースティックギター
at 2018-09-11 14:49
スタジオ練習 もう一つの課題
at 2018-09-11 14:26
エレキギターの音 2
at 2018-09-10 11:26
エレキギターの音 1
at 2018-09-10 10:55

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
more...

タグ

(218)
(211)
(103)
(91)
(90)
(89)
(48)
(38)
(31)
(27)
(19)
(14)
(14)
(12)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(3)

カテゴリ

全体
おばちゃんは何をする人か
おばちゃんの楽器
おばちゃんの楽器・小物
おばちゃんの練習
おばちゃん語る
YouTube
LED ZEPPELIN
日々の暮らし
マヌーシュ
ちょっとひといき
さかさもの式結婚式
ライブ告知
未分類

フォロー中のブログ

ALL GREEN
店長のガラクタ部屋
KICHIJITSU
楽子の小さなことが楽しい毎日
毎日、「ぼちぼち」と・・・。
おひとりさまの食卓plus
ただただだらだら
音便り~ベース弾きのブログ~
soupspoon

外部リンク

ライフログ

作詞のお仕事
ホネホネ・ブルース

スタジオ練習 もう一つの課題 2

夜更かし!そしてまだ書く!

少し間を空けて今月末にまたドラムとギターでスタジオ練習する予定なんだけど、
ギターのわたしにはわたしなりの課題があって、
ドラムの彼女には彼女なりの課題があります。

その課題の中に彼女のドラムに合わせて演奏するという重要な課題も含まれています。

彼女はわたしよりずっとできることがあるけれど、
二人して気持ちはフレッシュ夏の扉です。
裸足で駆け出す青い珊瑚礁ですよ。あぁでももう風は秋色。どうですか昭和でしょう。

それぞれに、ブランクやまだ習得できない技術などをやっつけにかかってます。

人と比べるんじゃなくて、今の自分より明日の自分。(昨日より今日以上に欲張りな)
10年後の自分が悔しいのはもういやなのだ。
ほんま。せやな。やろか。やろやろ。と話せる人ってあまりいない。

身のまわりはキャリアを積んだ現役ミュージシャンが圧倒的に多く、
もしくは、若い頃身に付けた技術で今も音楽活動を楽しんでいる人達ばかり。

その人たちにとっての「出来て当たり前」を一からもがくおばちゃんろっく。

出来ない自分をそのままぶつけるぶつかり稽古のスタジオ練習。
家でほそぼそ練習するだけでは得られないものがそこにありました。

スタジオ練習にまつわるいろんなことが楽しかったので書きます、で書いてみました。

スタジオの後に、ソフトクリームのどっちゃり乗ったワッフルを食べたり、
チーズとろーりのホットドッグを食べたりするのも女子高生みたいで楽しい。
え?今どきの女子高生はしませんか。そうですか。
女子高生みたいっちゅうところでもう丸出しですかおばはん丸出しですかそうですか。

そんなんで、色んな課題続けてみます。

女子高時代の体重には戻らないように気をつけますろっく。


[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-12 22:37 | おばちゃんの練習

アコースティックギター

まだ書く。
書く書く。

家ではアコースティックギターも2本出してて、弾いてます。
わたしと歳が近いマーティンはほんまにええ音で鳴ってくれます。
最初からそうではなかったです。

去年アコギで人前演奏を初めてしたのですが、ちょうど今くらいの時期かな、
まだろくに弾けないのに人前演奏の出演が決まったことで、
もう朝と言わず昼と言わず夜と言わず猛烈に弾き倒していたんだと思うんです。
指先はガッチガチのボロボロになってました。

でも、たまにおっちゃんが弾いて見せてくれるような音が出ない。
当然なんですが、音量も何もかも違う。
同じギターを弾いても全く違う。硬い小さい音しかしない。鳴ってない。

力ではない。強く爪弾くから出るとか、そういうのではない。
もういろんな要素ですよね、ピッキング右手と左手のタイミングとか。
力が入ると弾けないというのもありますよね。ほどよい脱力とか。

わからないけど、そんなんでもとにかく一日中毎日毎日弾き続けていたら、
ある日突然、
パーーーーーーーーーーーーーッン!てキラキラした音が鳴るようになったんです。

自分でもわかったし、帰宅したおっちゃんが音を聴いて、
お、ちょっと鳴るようになったやんと言うたような気がします。
あ、捏造かもしれない。記憶が定かでない。だったら書かなければ・・・・・

それからますますこの2本のマーティンにはうっとりさせられ、
なぐさめられ、励まされながら、ギターの楽しさを教えてもらってます。
ほんとはもっともっと歌えるはずのこのギター。
すまないねぇ本領発揮させてやれなくて。
おばちゃんが育つのを待ってておくれよ。

ここんとこ人間と交わす言葉数より、ギターに話しかける言葉数の方が多いかもしれない。
あとひとり言と。
やばいかな。

いやまだ大丈夫だろっく。



[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-11 14:49 | おばちゃんの練習

スタジオ練習 もう一つの課題

スタジオに入って練習する目的の一つが、アンプを使えるようになること。
しかし大事な目的はまだあるのだ。
それが立ってギターを弾けるようになること。
わはは。

まぁ言い訳ですけど、しんどいので家では圧倒的に座って弾いてます。
もうほんま何するのもしんどいんです。動悸は激しいし。
耳鳴りはするし、めまいはするし。
ギター重いですし肩も凝りますし、腰も痛くなりますし、
立ってギターの位置が変わると手首が一番にやられます。
なに、何の申告。

でも10年後の自分がまた言いますから。10年前からやっとけよ。と。
バンドやライブで演奏することを考えたら立って弾けるようにならないと。

立っても座っても同じ位置に、という話もありますが、それもうーん・・・と思って、
多少位置が変わっても、立っても座っても弾けるようにするというのは、
そんな無理な課題でもないはずなので、できるようになろうと思います。

いや、みなさんようさん立って弾いてはるやんかー。がんばりやー。

(最近ね、自分で自分を励まさずにはいられないんです。
できるできる。って言い聞かせてね、ちょっとでもやれたら、おし!と認めてね。
すっごい水面下のバタ足が必要なんです。)

でもスタジオでも結構座ってたりして、あきませんね。
メリハリつけていこうと思います。
2時間あっという間ですからね。

今はギターとアンプ直で、どんな音が出せるのかを色んな組合せでやってみてます。
その辺がある程度わかるようになったら、ちょっと間になにやら挟んでみる予定です。
今はギターとドラムでスタジオに入っているのですが、
今後バンドで入るとまたセッティングも変ることになるし、
奥深いですね。エレキギターって。

書かずにいられなくて今日もうじゃうじゃ書きましたろっく。



[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-11 14:26 | おばちゃんの練習

エレキギターの音 2

でもその一本があったからこその、ささやかながらの今なのだな。
少しずつギターに慣れてきたり、やりたいことが具体的になったり、好みが変わったり、
なんというか、やっぱりギターって欲しくなっちゃうんですね。

この曲にはこの音。この曲ならこのギターだろーとか。
聴いてる音楽も演奏したい音楽も、これ一本!というのではないので、
ギターもこれ一本!とはいかないのかな。
実際はギターだけじゃなくて、他の楽器にも手を出してるので、
こういうのを気が多いというのでしょうか。でも大きいくくりで全部音楽やもんなー。

ま、いいや。

んでスタジオ練習を録音して聴き返してみて気付いたことがあったので、
記録しておこうと思ったのだ。

アンプを鳴らす、音作り。ふむふむ。細かいところを省いた印象だけ言うと、
わたしの音、小さい。音が小さいっていうだけじゃなくて、
こうなんというか演奏自体が引っ込んでて、パーーーっとデーーンとしてないのだ。
キチキチというかこじんまりというかなんというか。

確かに大きな音出すの怖いっていうのあるし、
その場ではこんなに高音要らんかなとか思ったりして、
小さく小さくまとまるようにしてるなというの、振り返ってみてわかった。
それが客観的に聴いた時、出したいと思ってる音と全然違う!
ってことがはっきりわかったのだす。

おもしろいなと思った。
電気で増幅してすっごい音の出る楽器を持っても、人間のすることはやっぱり人間が出る。
当然なのですが。

その曲ごとに出したい音を出せるようになろう。
次は自分ではちょっと諸々超えてると思うセッティングを試してみよう。
ヒャッハー!!!!!な音を出してみたい。

そんな課題を持って最近は練習しています。
やればやるほど、やらなあかんことが見えてきて終わりがない。
体力も気力も自由になる時間も少ないおばちゃんになってからの稽古は、
なかなか先へ進まないのだが、ここでやめるわけにはいかないのだ。

そうじゃない、こうしたいのよ、の、こう、ができないもどかしさろっく。

[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-10 11:26 | おばちゃんの練習

エレキギターの音 1

台風すごかった。暴風で家がずっと揺れてた。震度2くらいには感じた。
台風が去った後見たことのない風景を見た。停電もした。
地震も台風も、怖がりなのでそれなりに備えているのだけれど、
これ以上のがきたらどうしようもないんだなぁと思う。
すんごい被害の後の行動について考え始める。

いろんなことがあるけれど、それでも、だからこそ、練習のおばちゃんです。

先月末から二回ほどスタジオに練習しに行ってきました。
一番最初の目的はアンプを使えるようになること。
よく見るアンプ二機種で、自分の出したい音を出せるようになろう。
というか、まず電源入れて音を出すことを怖がらないようになろう。
そこ?!そこ!!

おかげさまで少し慣れてきました。(おかげさまでがするっと出てしまう中年っぷり)
何でも思ってるだけでなくやり始めないとあかんなぁと改めて思います。

最近テレキャスターの音が好きで、家ではおっちゃんのを借りて弾いているのですが、
まだろくにギターが弾けないわたしには、
ギターの個体差だけでも色々勝手が違い苦労します。
テレキャスター手ごわいです。

スタジオで別のテレキャスを借りてみたり、
自分が持って行くのは軽くて持ち運びやすいダンエレにしたり、
自室ではレスポールタイプも出して弾くようにしていて、
リビングではテレキャスの他にストラトも出してもらっていて、
ここ数日はストラトも良いなぁと思っています。

最初の一本というのが、レスポールタイプだったのですが、
これはボディ薄めで軽めのレスポールタイプ!好きな色!で飛びついたもので、
その頃はまだ音云々というのは、漠然とした知識や好みしかありませんでした。

つづころっく。

[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-10 10:55 | おばちゃんの練習

好きな映画はたいてい大笑いと大泣きをする

今日は『ムーンライズ・キングダム』を見たよ。
大笑いして大泣きした。すごい好き。映像もお話も。

冒頭とエンドロールの表現に勝手に意味を感じている。

オーケストラの音も色んな楽器の積み重ねで完成するように、
人間も経験や感情のディティールを積み重ねることで完成に近づいていくのかもしれない。

でもそれは年齢には関係なくて、
どんなに幼くてもその感情は積み重なっていることもあるし、
大人と呼ばれる年齢になったからといって実際完成なんてしないもの。

そんな子供たちと大人達の物語。

問題とされる行動の多い子を問題児などとひとくくりに言うけれど、
それはわたしの子供時代にもあてはまって思い出すとつらいこともあるけれど、
見つめているものが他の多くの子供たちと少し違ったということなのかな。

子供であるがゆえに見つめる目はことさらどこまでも純粋で真っ直ぐ。
そこに行動力が備わったら、1、2の3!でどこへだって飛び込もうとする。

この歳になっても真っ直ぐを見つめる子供の心を持っていたいし、
そんな子供に手を差し出せる大人でいたいと思うけれど、
大人としてのわたしはまだまだ無力だな。

1、2の3!で飛び込む子供のわたしが無力な大人の自分を強くしていくのかもなー。

だから、というわけでもないのですが、
スタジオに入ってアンプをあれこれ触らせてもらったり、
ギターを借りて弾いてみたり、一人楽器屋に飛び込んでお目当てを探したりしています。
行動あるのみ。

スタジオ練習にまつわるいろんなことが楽しかったのでまた書きます。

1、2の3ろっく。



[PR]
# by aloha_twins | 2018-09-02 17:01 | 日々の暮らし

好きなものを身に付ける

先日マカロニほうれん荘の原画展に行って参りました。
子供の頃から大好きな漫画です。その影響は大きかった。
わたしの中にはマンモス稲子ちゃんとチューリップ熊美さんが
ひっそりと頬を赤らめて微笑んでいます。
いつか最高のステージで解放してさしあげねば。


鴨川つばめ先生の原画をじっくり見つめ、選曲されたロックを聴き、堪能してきました。
ポストカードセットとそれらが全て収納できるファイル、
そしてきんどーちゃんのトートバッグと缶バッジを購入して帰宅しました。
以来缶バッジ付きんどーちゃんのトートバッグを喜び勇んで持ち歩いている次第です。


そしてまたある日はヘアーカットに行って参りました。
清水の舞台から飛び降りる覚悟で電話をかけ、憧れの美容師先生に切っていただいてます。
それはそれはナイスヘアーなのです。

すぐにびびり、すぐにいじけ、すぐに怠ける自分を奮い立たせるナイスヘアーなのです。
鏡を見るたび姿勢を正し、励まされ、背中を押されるのです。



わたしにとっては、髪型でも身に付けるものでも、
どんな見た目になりたいか、どう見られたいか、よりも、
それらを身に付けることによって、
自分が心地よく、前向きになれて、
自分の仕事に打ち込める内面を維持できることが大事です。
そして見た目よりも実際何ができるか、ということが大事です。

自分の仕事というのは、お金を稼ぐこと以外にも色々あります。
働くというのも、お金を稼ぐこと以外にも色々あります。
できる、というのも同じです。

もしかしたら、
見た目や行為やお金で他人をごまかすことはできるかもしれないけれど、
自分自身はその本当を知っています。

自分と向き合うのはそれはもうえらいきつくもありますが、
もがきながらも、自分と向き合ってこそなんぼです。なんぼやねん。
そやなぁ・・・5億円ほど振り込んでほしなぁ。

期間限定の人生を好きなものだらけで生きるのだろっく。




[PR]
# by aloha_twins | 2018-08-22 15:56 | 日々の暮らし

やっぱり500万回

前回結局コツコツやるしかないので、ジミヘンコードを500万回練習していると書き、
ちょっと言い過ぎかなーと、タイトルではそのようにお伝えしたのですが、
やっぱり500万回は練習しなあかんなと書いたその日から思いました。

ようはできるまでやる。やもんね。

もうこればっかりは、人と比べてもしょうがないのです。
自分ができるようになるしか収まるとこはありません。



ここのところ、家に居る時のわたしの身の回り半径1mくらいはカオスです。
今見渡しても、わたしの練習用に出しているアコギ2本。エレキ1本。
(実際は見えるところだけで弦楽器6本とテルミン)

この一冊に何年かけているのかという初歩の基礎の教則本と、
おっちゃんが押し入れから引っ張り出してきてくれた(知らんけど)、
1995年のザ・バンドが特集されたギターマガジン、
ビリー・シーンとマディ・ウォーターズと、
ロイ・ブキャナンのインタビューの過去の切り抜き記事。

スティングの評伝書籍と、おもちゃ売り場でもらってきた無料のリカちゃんカタログ、
スティーリー・ダンとギタリストのムック本、譜面台にはバーデン・パウエルの教則本。
全部ほぼ同時進行で繰り返し読んでいます。
(それ以外の同時進行読書物は読む度本棚にしまってる。散らかるのは嫌。)
随時かけている20枚ほどのCDを挙げ始まるとさらにカオス。
音楽に集約されるけれど、所謂このジャンルとひとくくりにできるものではなくて。



何か一つに絞って、まず一つでも何かできるようにならなあかんと思っていました。
それが近道でもあると思っていました。
でも、近道ってどこへ続く道のことか、ちょっとわからなくなりました。

今、バンドをやりたいとか、ライブがしたいとか、そういう気持ちがあまりなくて、
毎日興味のある音楽を聴いて、気になることをあれこれやってみて、
色々調べてみたり、試してみたり、それ自体が楽しいのです。

これもしぼってしぼってこれです。
ほんとはベースも弾きたいし、ウクレレも鍵盤も放ったらかしが気になっています。
節操なく聴いているようですが、決して聴かないようにしている音楽もあります。
とっちらかっているようで、自分の中ではすべて繋がっています。



こないだアコギの弦を張り替えるのに、
指板にオイルを塗って汚れを浮かして掃除しててめっちゃ楽しかったんです。
もう家の中で家事とバカ映画と音楽だけに尽力していたい。働きには行きますが。

人前で何かして見て見てーというのが好きなわけでもないとわかったし、
積極的に合奏する場や仲間を求めるような気力もなく。
こんな状態で良いのか、こんなやり方で良いのか、
何年経ってもろくに演奏できない自分を嫌になる気持ちは真っ暗闇でもあります。
その暗闇を見つめると飲みこまれるので、さっさと灯りをともします。

家事に勤しみ、散歩かちょっとストレッチかちょっと筋トレ、
読書にバカ映画に、今日の基礎練、灯りは自分でともします。
おっちゃんと顔を合わせる時には美味しいご飯を作って、
おっちゃんを笑かす戯言の一つも用意しておくのです。



この小さい灯りが音楽を演奏できる瞬間にたどりつくのには、
途方もない時間がかかりそうに思います。
ポンッと一本これ集中。とわたしの場合はいかないみたいですが、
じわじわじわじわいきます。

多分このじわじわこそ若い頃できなかった、足りていなかったことだと思います。
夢見る夢子ちゃんが勘違いと体力と勢いで過ごした時間は勿体なかったなぁと思いますが、
10年先の自分が過去を振り返れば、
今だって10歳は若いわけですので若いうちにやりますとも。
ええええ若いうちに。

さぁ500万回ろっく。



[PR]
# by aloha_twins | 2018-08-17 16:43 | 日々の暮らし

500万回は言い過ぎやけど

ずいぶん空いた。
おこんにちは。おばちゃんです。
何してたかな。
地震があって大雨があって異常気象で、ちょろっとケガしたりしながら元気にしています。

毎年言ってるけど今年は時間が経つのが特別速い。
年々速まっていて、ぼーっとしていると何にもしないうちに
一日も一週間もひと月も半年も終わっていく。怖いですね怖いですね怖いですね。

そんな中、今年は映画をたくさん見ています。
100本以上見ています。毎日見ていた月もありました。暇か。いや時間を作って。



一番最近見た映画が、願い事が何でも叶ったら何をする?っちゅう映画で、
コメディなので大笑いしながらも自分の身に起こったらーと色々考えました。

どんなに呑気でマイペースに生きていても、生きていると楽しいことばかりではなく、
どないすんねんこれ!ちゅう案件や、かなんなぁもう!ちゅう、
やっかい事と無縁とはいかず。

映画の中の主人公のように、願い事を口にして手を振るだけで、さっ!ぱっ!と、
それらとおさらばできればどんなにか良いだろうと思うのですが・・・
なんでも思うままに手に入れることができればなぁとは思うのですが、
涙ぐむほど思うのですが、

例えばそんな魔法で誰かを操作して、それで誰かの態度や行動が改善されたとして、
わたしは本当に心の底から喜べるのかなと、思ってしまう自分に気付くのでした。

本人が自覚して、日々努力して改善してくれたら心から喜べるのに・・・
と思ってしまうのでした。

わけもわからずただ操作されて、
誰かにとって都合良く作られていく人生を人に強いること、
そんな風に操作した人達との関わりを本当にわたしは楽しめるのかな、と考えてしまい、
どうしても違和感があるのでした。

好きなように変えるのは出来事だけでいいといっても、人があってのこの世だから、
何を成すにも人間に関わらないわけにはいかないのではないかと考えるし、
それこそ人知の及ばぬ自然等に対しては尚のこと、
わたしのようなものの自我だけで動かすことなどできないと思う。
どんなに良いことをしようとしても、どこかに歪がでるのではないか。


甘ちゃんだ。
せっかく世界を思い通りにできるのに。
ビスケット食べ放題なのに。ワッフルだって。

どうもわたしは、
人間とは各々のペースで自覚してコツコツ取り組んでより良く生きていくものだ、
と思っているらしく、本気で人間万事塞翁が馬だと思っているらしい。
与えられた命を自ら育てて全うする。

少なくとも自分はそうで、自分がそうである以上、
誰かのそれだって認めななーちゅうことなんやろなー。
距離はちゃんと見切るけど。

人は見たいものを見て、信じたいことを信じて生きている。
だからたぶんわたしの人生はそういう人生なんだろう。
それが良いとか悪いとかも、ぜんぶ自分に返ってくるし気づいた時からまた始まるし。

だから今日もジミヘンコードを500万回繰り返してまんねやね。

コピーしてる曲はジミヘンとちゃいますねんろっく。















[PR]
# by aloha_twins | 2018-08-09 16:41 | 日々の暮らし

買ってもいいし探してもいいし

今朝見た夢。
子供の頃の知り合いが出てきて、自分は四つ葉のクローバーを売っているのだと言う。
昔は四つ葉のクローバーを自分で探して売っていたのだが、
最近は見つからないので売るための四つ葉のクローバーを買うこともあるんだとか。

へえ、そうなのかー。

四つ葉のクローバーは幸運のお守りなのね。

目が覚めて夢を思い出して考えた。

四つ葉のクローバーを売る仕事、確かに色々あるな。
わたしにとって四つ葉のクローバーは子供の頃から原っぱで探すものだったけれど、

四つ葉のクローバーを持っていることが幸運なのだとしたら、
誰かから買って持っているのもいい。

自分で見つけることが幸運なのだとしたら、見つかるまで探すのもいい。

探していて見つかったら嬉しいだろうし、
見つからなくても探し歩くことが楽しいかもしれない。

どっちでもいいな。

どっちもいいんじゃないかな。

それが心に小さな希望を灯すなら、今はどっちでもいいなと思う48の初夏ろっく。





[PR]
# by aloha_twins | 2018-05-30 10:35 | おばちゃん語る